• 天皇賞 春 1980年

天皇賞 春・秋

第81回 天皇賞(春) 1980年

1980年の天皇賞(春)は京都競馬場が改修工事の為に、阪神競馬場で行われた。単勝1番人気はシービークロス。前年1979年の天皇賞(春)では3着。同じ1979年の目黒記念(秋)を制している。長距離戦では安定した成績を残している馬だ。2番人気は1979年のダービー2着馬リンドプルバン。前走の鳴尾記念を制しての参戦となった。

そして3番人気に支持されたのが、この天皇賞(春)を制したニチドウタローだった。ビッグタイトルを獲得する馬としては異例の臨戦過程を経ていたのである。前走はわずか10日前のレースだった。阪神競馬場での1900メートルのオープン戦だった。何故、10日前のこのレースを走っていたのか?その前の大阪杯に理由があった。手綱を取っていた清水英次がレース中に落馬、競走中止となっていたのだ。村本善之に乗り替わったオープン戦はレコードタイムでの圧勝だった。この時の2着は1978年の天皇賞(秋)2着馬のテンメイ。このテンメイに8馬身差をつけたのである。実力馬を相手に大きな差をつけてのレコード勝ち。これなら陣営は色気を出すのも当然だった。

そしてニチドウタローは天皇賞(春)でも3分18秒7のレコードタイムで勝利する。2戦連続でレコードタイムを叩き出しての勝利だった。10日前のレースを使われ、そのレースに続いて2戦連続でレコード勝ちするという、「異例」づくめの天皇賞馬の誕生となった。そしてこのニチドウタローにはもうひとつ「異例」と言えることがあった。この天皇賞(春)以前に、重賞勝ちが全くなかったのだ。初めて勝った重賞がビッグタイトル・天皇賞(春)。重賞未勝利で天皇賞(春)を優勝した馬は、その後2009年のマイネルキッツまで1頭もいない。この天皇賞(春)のキーワードは「異例」ということで間違いないだろう。

このページの先頭へ